駄目な男でもモテる性格があるよ

女性が理想とする男性のタイプの一つに必ず上位にランキングされるのが<頼りがいのある人>だと思う。
ですが女性によりますが、男性に頼られることで母性本能を刺激されて恋愛感情を芽生えさせる事例もある。
母性本能は女性が生まれつき持っている本能だが、女性の中には年下の男性に惹かれてしまうタイプもいる。
こういったタイプの女性は母性本能が一般よりも強い特徴がみられる。
無意識のうちに男性に対し上から目線になってしまうのが大きな特徴点だ。
男性から頼りにされるのがとても心地良い……そう感じる女性は案外多数派なのである。
だからあなたが年上の女性もターゲットになるならば、思い切って女性に甘えるような作戦も効果的な場合がある。
「あなたがいないと僕はなにもできないから、いつも側にいてほしい」なんてフレーズは女性の母性を刺激するキラーフレーズだ。
男性がこんな風にプライドをすてるのは簡単にできない――なぜなら男性はプライドが高い生き物だからだ。
女性に甘えてみたら案外、恋愛関係が上手く行く場合もあるので、不要なプライドは捨ててみよう。
がむしゃらに頑張るけれど、なぜか空回りするタイプの男性に女性はキュンキュンくる場合もある。
「私が側にいて面倒をみてあげないと……」という気持ちになるようだ。

ファーストデートを成功させるポイント

特別な人と一緒に幸福な時間を過ごすひととき――これが恋人たちのデートです。
デートの経験が少ない人であっても、どれだけ大切なイベントであるのかは理解できるでしょう。
楽しく気持ちの良い時間を過ごすことを考えてデートに臨みましょう。
ここではデートの時に絶対にしてはならないことを解説いたします。
デート中に退屈な表情をするのは当然駄目なことです。
そして無意識かもしれませんが、つまらないと感じさせる態度もいけませんね――例えば、相手を見ないで別のことをしたり、髪の毛をいじったりです。
最悪なシーンは、カフェでの会話中にスマートフォンをいじること――これは第一位にランキングするタブーです。
たとえ本当に退屈だと感じても、態度や顔に出た段階でアウトになります。
デートに行く前は楽しい表情や笑顔を作るトレーニングをしておくと意外に効果的ですし、練習をしておくことで少しでもデートの失敗をなくす努力をしておきたいですね。
とりわけファーストデートで恋人未満の関係であった場合、こういった退屈な表情をしてしまうと最悪です。
ファーストデートで自分の全部をさらけださずに少しずつ話をすると良いでしょう。
その方が相手のあなたに対しての興味を刺激して長続きさせるポイントになりますし、またデートに誘ってくれやすいです。

山で出会った時の話

海が出会い系の場所であるように山も又、出会い系の場所だと私は思っています。
人は海派と山派に分かれるようで私は子供の頃から山で育ったせいか海は開放的に思えますが海を見るよりも山を見た方が心が落ち着きます。
山の魅力はと言うと登山をする人は頂上まで登り切った時の満足感と言う人もいますが一般庶民の私には豊かな自然です。
そして山=キャンプと言うイメージが私にはあります。
川が流れるキャンプ場も多く都会に住む人が自然を求めて集まりますが何故か同じキャンプ場では親近感が生まれるものです。
自給自足の不便な生活をあえて楽しみ困った事があると連帯感からか協力し合う物です。
便利な現代社会では隣に住む人の顔も知らないと言う人が多い中で不便な生活に直面すると人間本来の助け合い精神がふつふつと芽生えるのが不思議で仕方がありません。
同じ環境の中で短いひと時を過ごす出会い系の場所がキャンプです。
見ず知らずの人達とお互いに助け合い快適の過ごそうと普段の生活では考える事の出来ない事を感じるものです。