おすすめ格安スマホのご紹介!何が違うのでしょうか?どこで買うといいのでしょうか?

最近はテレビコマーシャルでも格安スマホが多くなってきました。購入される人も増えてきているのです。この記事では【おすすめ格安スマホのご紹介!何が違うのでしょうか?どこで買うといいのでしょうか?】をテーマに詳しく解説します。

格安スマホは何が違うの?

「格安スマホ」って何なの?普通のスマートフォンと何が違うか知っていますか?改めて聞かれると返事に困ったりします。月額料金が安くなるとか、スマホ端末代が安いとか……漠然としたイメージはあります。何がややこしいかと言いますと、格安スマホにはふたつの意味があるから、ややこしいと言われます。

1番目は「キャリアスマホよりも安いから格安スマホ」だということです。10万円近くするのが大手のキャリアスマホがありますが、それに対し本体の価格が安いから「格安スマホ」である場合です。

2番目は、「月額料金が安い格安のSIMをスマホを挿入した格安SIMとスマホとの組み合わせ」のことを指す場合もあります。

つまり、月額費用を低く抑えたいならばスマホ本体料金が安いのではなくて、MVNOが販売する格安SIMを使う必要があるのです。これが本質ですが、それをまとめて説明すると、とっても複雑でややこしい話になります。ここでは、難しい話よりも話を単純にして、本体価格が安いスマホを「格安スマホ」と考えましょう。

どこで買うと上手に格安スマホをゲットできるの?

格安スマホと大手のケイタイ電話会社で一番違うのは、どこのショップで購入するとスマホの本体の料金がかなり違うことです。なぜならば、搬入経路の多さが挙げられます。具体的にはインターネットでの通信販売・オークション販売・家電量販店での店頭販売・大型スーパーマーケットでの販売など多彩。

こういったことからメーカーの定価よりも店舗の経営努力もあって激安で購入できます。販売店がポイント還元をしている場合もありますね。

あと一つ価格が安くなるケースとして、SIMカードとスマートフォンをセットで購入するキャンペーンです。契約プランとか契約期間の条件がありますが、それによって1万円以上の割引きが適用されたりします。

以上のようなポイントを見極めながらスマートフォン選びをするのが大切なことです。
長期優待ボーナスが全機種対象で最大2万円割引き!……そんな広告を目にすることもあるでしょう。
1年契約では割引きがなかった場合でも、3年契約すれば2万円割引きされる例もあります。

おすすめしたい格安スマホの人気機種

格安スマホで人気のあるメーカーは日本製ではなくて、台湾製や中国製のものです。スマホの発売数でも最近はトップクラスになっています。

本体販売価格は1万円から4万円のものが人気です。従来はシンプルなものでしたが、最近はスペックが上がっています。大手の携帯電話会社で発売されているキャリアスマホとの違いは次第になくなりつつあります。だからこそ今、格安スマホが注目されているのです。

格安スマホを選ぶ場合に、性能と機能も気にしたいですね。安ければスペックが落ちる場合があります。付いていて欲しい機能がなかったら使い勝手が悪いです。格安SIMランキングを参考にしながら利用者のライフスタイルに一致した格安スマホを選べばいいでしょう。

分かりやすいのがライトユーザーなのかヘビーユーザーなのかです。
ライトユーザーのイメージは、ゲームはしなくてメインはSNSやメールの確認。インターネットの利用も簡単な調べ物程度。カメラを使うのも旅行先だけみたいなイメージです。

ヘビーユーザーは、バリバリのゲーマーで、SNSサイトやメールの頻度も高く、動画編集やブログもやっています。四六時中カメラも使うようなタイプです。それによって、必要なスペックが違います。

デザインで格安スマホを選んでもOK!

格安スマホマーケットは現在、女性ユーザーの獲得を命題としています。デザイン面のクオリティーが上がっています。プラスチックからの脱却が各社のキーワードになっています。

従来はプラスチック樹脂でしたが、最近の機種は強化ガラス・アルミボディーなど材質にもこだわって高級感があります。格安スマホだけれど女子は高級感を求めます。
カラーバリエーションの豊富になり幅広いニーズに応える機種が人気です。

いかがでしたでしょうか?
おすすめ格安スマホのご紹介!何が違うのでしょうか?どこで買うといいのでしょうか?ご理解いただけましたか?
新規で格安スマホを購入する場合に、メモリができるだけ大きいものを選びましょう。何故ならば最近はOSがメモリを必要とするからです。OSがアップすると処理が早くなります。操作性が良くなるかわりに、高負荷になります。一般的には2ギガくらいのメモリーですが、できたら3ギガのメモリーの機種を選んでおくと長く使えるでしょう。メモリーはストレージと違って増やせません。購入する時に意識しておきましょう。

1安い?高い?格安スマホの通信料

通信料を下げる目的で格安スマホを選ぶ方も少なくはありません。しかし、どの程度料金が下がるのか気になる方も多いのではないでしょうか?MVNO次第ですが、月々数百円~数千円の料金で利用することが可能です。

格安スマホのメリットは月々の通信料を削減できることにあります。機種の本体価格も割安ですが、それ以上にスマホ料金の安さが魅力と言えるでしょう。しかし、実際の通信料がどの位必要なのか知りたい方もいらっしゃるかと思います。

格安スマホはMVNOとの組み合わせが一般的

格安スマホは、仮想移動体通信事業者(MVNO)と組み合わせる方法が一般的になっています。携帯キャリアのSIMカードが利用できる場合もありますが、結局通信料を引き下げることはできません。MVNOと合わせての利用が一般的と言えるでしょう。

ただし、MVNOや契約するプランによって通信料が変わる点に注意が必要です。例えばデータ通信量が同じでも、月額料金が千円程度変わる場合もあります。MVNO間の基本料金や、各プランを比較して検討すると良いでしょう。

通信料は月数百円から数千円程度

実際に必要な格安スマホの通信料は、データ通信のみのプランであれば毎月数百円台です。通話を追加した場合、千円程度はかかります。ただ、毎月7~8千円程度必要なキャリアと比べてみると、料金は数分の一に抑えることができるでしょう。

データ通信量を増やしたり、オプションを追加した場合でも、月々の通信料は数千円に抑えられます。MVNOにより変わりますが、データ通信量がたっぷりあるプランでも、月々4千円~5千円程度です。一般的なキャリアであれば、2倍近くの料金がかかることも珍しくありません。格安スマホがいかに安いかお分かりかと思います。

このように格安スマホは通信料が非常に安く、料金節約効果は大きいと言えます。ただし、キャリアなどの場合は解約・MNP手数料が発生する場合もありますので、【格安スマホの乗り換え時期】にも注意しましょう。