格安SIMは大手携帯電話会社の二年縛りがない

格安SIMに乗り換える人の目的は料金を下げようと思っているという人も多いのですが、それだけではありません。例えば二年縛りがないので格安SIMに変えるという人もいるのです。二年縛りについてここでは詳しく見ていきましょう。

携帯電話会社との二年縛りとは

二年縛り、これは大手の携帯電話会社三社の場合には、携帯電話、スマホの契約をした場合には二年間契約になっているのです。二年に1回更新月があってこれを過ぎればいつ解約をしてもいいのですが、もしそれまでに解約をしたいという事になると、解約手数料が必要になってしまうのです。契約解除料は9500円になりますので、二年は我慢して、何か不都合や不具合、当初考えていたことではないことが起きたとしても我慢しないといけません。

格安SIMの場合は事業者によって違いがある

格安SIM会社の場合二年契約の縛りはありません。では契約の縛りが全くないのかといえばそういうわけでもありませんので、縛りは存在しています。しかしどれくらいの縛りが存在しているのかは、それぞれの事業者によっても違いがあることになります。いつでも解約できるとしているところもありますし、1年にしているところもあります。最低利用期間だけ過ぎていれば、契約解除は2年経っていなくてもかからないところも多くあります。

格安SIMを選ぶときには

縛りについてはそれぞれの会社によって違いがありますので、契約解除料が必要ないところを選ぶのか、最低利用期間を過ぎていれば契約解除が必要ないところを選ぶのか縛りがあるところを選ぶのか、しっかりと比較して考えたいですね。大手の携帯電話会社よりは、解約しやすさからしてみると解約しやすいといわれています。そのために途中で何か不都合が出てきた、やっぱり大手に変えたいという場合でも意外とスムーズにまた元通りに戻ることができるでしょう。気軽に換えられて気軽に戻れるというのも格安SIMの特徴といってもいいでしょう。しかしあまりコロコロ変えているとそれだけで大変ですので、選ぶ際に最初からしっかりと内容をよく理解したうえでどこの会社と契約をするのかは、検討したほうが良いかもしれませんね。