節約モードを使って格安SIMを合理的に活用しよう

利用料金を安くするために格安SIMに切り替えたけれど、あっという間に規定容量まで達することによって、その月の通信に支障をきたすようなこともあります。そんなときにこそ節約モードについて知っておくことで、さらに格安SIMは使いやすくなるでしょう。

節約モードとは

動画サイトをガンガン見るようなことがあると、あっと言う間に容量が達してしまいます。キャリアでもそのようなことが起き、低速モードで数日過ごすことを経験した人もいるでしょう。もしくは容量を増やして利用料金がかさむ経験をした人もいるはずです。そのようなことをなくすのが節約モードになります。

自分で低速モードと高速モードを使い分けることができますので、「今月そろそろヤバイな」と感じたときに意図的に低速モードに切り替えることができます。むしろ月の始めは低速モードにして、残りは好きなように容量を使い切りたい時にも活躍するでしょう。

閲覧するサイトによって切り替えることができる

ちょっとしたサイトであればそれほど容量を使うことがありませんので、あえて低速モードで閲覧することもできます。動画サイトになるとストレスが溜まることから、そのときは高速モードに切り替えることも可能です。このように節約モードは、自分の好きなように容量の調節ができると考えてください。

そうすることによって容量を使い切ってしまうことで、使えないスマートフォンになることを防ぐことができます。とても合理的な使い道が可能です。

すべての格安SIMが対応しているわけではない

ひとつ勘違いしてほしくないのは、すべてのMVNOが対応をしているわけではないことです。特定のMVNOがアプリを提供しており、それによって切り替えることができるようになっています。要するに節約モードを使いたいのであれば、それを提供しているMVNOを見つけないといけません。たくさんのMVNOがあるからこそ、このような点から探し出すのも良い選択です。

節約モードがあるMVNOがおすすめ

明らかに合理的な使い方をすることができるのが節約モードになることから、良いと感じるのであればこのサービスを提供しているMVNOを選択するようにしましょう。また容量の選択も重要ですので、キャリア使用時の明細を参考に、自分に合ったプランを見つけてください。