コスパ重視なら格安スマホが良い理由

スマホの料金が月1万円を超えている方もいらっしゃると思います。しかし、料金が高いと感じたことはないでしょうか?格安スマホは本体が非常に安く、月額料金も格安なのが魅力です。特にコスパを重視する方は、格安スマホが適しているでしょう。

格安スマホの本体価格は3万円以下が主流に

キャリアでスマホを購入した場合、本体価格は安くとも5~6万円、高いと10万円を超えることも珍しくはありません。端末代金が重荷になり、機種変更しづらいことが欠点とも言えるでしょう。割賦払いもありますが、毎月数千円もの負担を強いられます。

しかし格安スマホの場合、本体価格はほとんどの機種が3万円以下です。中にはハイエンドモデルもありますが、5~6万円ほどで購入できます。キャリアのスマホよりも数割~半額以上も安く、機種変更も気軽に行えます。
安い端末であれば1万円程度で買えるため、いかにコスパが良いかお分かりになると思います。2台持ちにも適しているでしょう。

月額料金のコスパもキャリアより優れている

また、月額料金も安く済むのが魅力です。主にMVNOの格安SIMを契約することになりますが、毎月千円~5千円で通話もできるため、料金を節約できる可能性があります。スマホ代が高くてお悩みの方は節約効果も大きくなるでしょう。

様々なオプションを追加すると、キャリアでは毎月1万円近い料金が必要です。しかし格安SIMを利用すれば、高くても5千円程度まで節約できます。年間数万円の節約効果が生まれるため、コスパの良さは特筆すべき点です。

格安スマホは本体価格も月額料金もリーズナブルです。コスパに関してはキャリアを遥かに上回るでしょう。また、現在はSIMフリー端末を始め、様々な機種が売られています。【自分にあった機種】を選んでみましょう。