山で出会った時の話

海が出会い系の場所であるように山も又、出会い系の場所だと私は思っています。
人は海派と山派に分かれるようで私は子供の頃から山で育ったせいか海は開放的に思えますが海を見るよりも山を見た方が心が落ち着きます。
山の魅力はと言うと登山をする人は頂上まで登り切った時の満足感と言う人もいますが一般庶民の私には豊かな自然です。
そして山=キャンプと言うイメージが私にはあります。
川が流れるキャンプ場も多く都会に住む人が自然を求めて集まりますが何故か同じキャンプ場では親近感が生まれるものです。
自給自足の不便な生活をあえて楽しみ困った事があると連帯感からか協力し合う物です。
便利な現代社会では隣に住む人の顔も知らないと言う人が多い中で不便な生活に直面すると人間本来の助け合い精神がふつふつと芽生えるのが不思議で仕方がありません。
同じ環境の中で短いひと時を過ごす出会い系の場所がキャンプです。
見ず知らずの人達とお互いに助け合い快適の過ごそうと普段の生活では考える事の出来ない事を感じるものです。

関連記事

    None Found