SIMカードについて


SIMカードについて

格安スマホを理解するためにはSIMについても理解しておかないと使えないでしょう。ここではSIMについて理解できるように詳しく紹介していきたいと思いますので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。詳しいことがわかるようになります。

■SIMカードとは?
格安スマホにはSIMカードがなければ使用できません。SIMは契約者を識別するためのカードです。SIMカードは小さいですが、その中に個人識別のためのIDが入っていますし、スマホ、携帯電話の音声通話、データ通信を使用するのに必要なものが入っているので、SIMカードがなければスマホは使えないのです。SIMカードがもし入っていない端末だった場合には、計算機を使用したりアラームを使用したりすることはできるのですが、通話、パケット通信は使用でいません。自分のスマホにも入っているかどうか、挿入されているはずですので確認してみるといいでしょう。

■SIMロックとは?
SIMカードが確認できたら次はSIMロックです。これはスマホからSIMカードを抜いて別のキャリアの携帯やスマホにSIMカードを差し込んでも通話、パケット通信ができないようにロックをかけていることをいいます。なぜロックしているのか、それはドコモが別の会社にお客さんを取られないようにドコモのSIMならドコモでしか使えないようにしているというただそれだけのことです。ドコモで買ったスマホならドコモでしか使うことができないように設定されていること、それがSIMロックです。しかし最近はSIMフリーの携帯もあります。

■SIMロックフリー
SIMロックが掛かっていないもの、それがSIMロックフリーです。ドコモのSIMカードで別の携帯会社のスマホに挿入しても通話、パケット通信ができるようになったのがこのSIMロックフリ-です。どこのキャリアにも使用できるようになるので、利用者にとっては便利です。

何故格安スマホはこれほどまでに安いのか


何故格安スマホはこれほどまでに安い

格安スマホは何故これほどまでに大手の携帯会社に比べると安いのでしょうか。格安スマホの安い仕組みについて知った上で利用するのと、知らずに利用するのでは全く違いますので、これから利用する人は知っておいたほうがいいでしょう。

■格安スマホとは?
格安スマホ、これは格安のSIMとSIMフリーで使用できるスマホがセットとして販売されているとても安いスマホです。従来の大手の携帯電話会社が出しているスマホよりもとても低価格で利用することができるという特徴があります。その理由は、この会社は自社で通信回線は持っておらず、携帯キャリアに通信回線を借りることによってデータ通信サービスをしているからなのです。

■料金がとっても安いけど
料金がとても安いのは利用者としては嬉しいのですが、携帯キャリアから通信の海鮮を借りてサービスをしている業者が、携帯キャリアの会社よりも、安い値段のプランを用意することができるなんてなぜだろうと疑問に思う人もいるのではないでしょうか。格安にできるのには理由があるのです。

■通信設備維持費がない
人に借りているわけです。そのために通常自社で通信回線を所有していると基地局を整備したり、メンテナンスも必要ですので、1年間にかかる費用は数千億円と言われています。携帯キャリアがこれらを支払っているところを借りて運営しているためにお金がかからないのです。

■ネット販売が中心だから
格安スマホはほとんどの場合において店頭を構えていません。あちこち歩けばどこかの携帯会社があるといったドコモ、au、ソフトバンクと違って、店舗がないので、店舗を維持するための運営費や、人件費なども必要がないので、その分サービスを安くすることができるという流れなのです。

格安SIMはサービス内容で選ぶ

格安SIMもいろいろな業者が参入しています。そのため、どこの業者を利用するのかを決める場合には、サービス内容で選択するのがよいでしょう。もちろん料金も重要な判断基準です。

最初の数分は通話料が無料になるのが一般的

格安SIMのサービス内容には、通話料が最初の数分間無料というサービスが導入されています。このようなサービスは、どこの業者でも導入されているものの、何分間無料になっているのかは業者によって異なっているのです。このようなときには、できる限り無料時間が長いところを選ぶという方法があります。

1分間無料となっている場合もありますし、中には5分間無料となっている業者もあるので、よく通話することがある場合には、できるだけ無料時間が長くなっている業者がおすすめです。中にはかけ放題のようなプランも存在しますので、このようなサービス内容は、簡単にインターネットで調べることが可能です。

オプション料金も調べておく

通話料が最初の何分無料になるのかという点も重要ですが、オプション料金もきちんと確認しておかなければいけません。そもそも通話料割引のサービスを受けるためには、オプション料金を支払っておく必要があるのです。オプション料金はどれぐらいになっているのでしょうか。

やはり業者によって異なるのですが、600円前後が平均的な料金だと言えるでしょう。全ての格安SIM業者がこのようなサービスを導入しているわけではないので、通話料割引のサービスを導入している業者を選ぶことが重要になります。

サービス内容は通話料割引だけではない

よく電話で話すことが多いという人は、やはり通話料割引というのは魅力的です。しかし、あまり話さないという人は、別のサービスを確認するのがよいでしょう。サービス内容はいろいろあるので、きちんと調べておくことが重要です。また、格安SIMの保証が気になる場合は事前に調べておくといいでしょう。